20代を”好き”で生きていく!好きを仕事にしていこう

未分類
Processed with VSCO with c1 preset
スポンサーリンク

こんにちはけんぴ(@kenpikun_trip)です。

現在私は俗にいう専門商社的な仕事に就いています。もっと具体的にいえば専門商社ではないですが、そんな感じの仕事に就いています。その傍ら休日にトラベルライターや写真をぽちぽち撮ってお金にしています。そんな私は、先週「今年度で会社を辞めます!」と上司に言いました!

”好き”を仕事にしたい!

心の底から思っていることに素直になってみようと思って、この度約2年間お世話になった職場を離れる決意をしました。そして、”好き”なことを仕事にしていくことと、”旅をしながら生きる夢を叶える”ことに向かって努力していくことも同時に決めました。今日はそんな記事です。

スポンサーリンク

仕事に疑問を持ち始めた今年

仕事を始めて一年が経った頃、ふっと不思議に思ったというか疑問に思ったというか、如何にもこうにも自分の中で消化することができないモヤモヤとした気持ちが芽生えてきました。

「なんだか仕事が面白くないぞ?」

仕事が面白くないなんていうのは就職する前から思っていたことなので、なんら不思議なことではないのですが、極め付けは

「なんだか人生が楽しくないぞ!」

毎日寝て、起きて、仕事に行って、疲れて、ご飯を食べて、これの繰り返しです。そんな毎日が幸せと感じる人にはいいかもしれませんが、私にとってはこのルーティーンワークがどうにも幸せに感じることができませんでした。そして、果たして人生このままでいいのだろうかと思い始めたのです。

私たちにとって人生は一度きりだっていうのは分かり切ったことだけれど、果たしてそれを意識して生きている人がどれだけいるのでしょうか。私はそれまで全く意識していませんでしたが、今年の4月からそんなことを思うようになって、「一度きりの人生なんだから好きなことがしたいな」と感じるようになりました。

20代も一度きり

人生が一度きりなように、20代だって一度きりです。20代ってなんでもできると思うんです。お金もある程度自由に使えて体も動けて好きなことができる。でも私たちはそんな素敵な20代のほとんどを仕事と貯金に費やしているなって思いました。貯金って確かに未来の自分にとって大事な資産になります。

でも、見方を変えれば貯金をすることにお金を使っているとも言えませんか?仕事をして得たお金は本来あなたが好きなように使っていいのにそれを貯金に使っていて、挙げ句の果てに出てくる言葉は「お金がない!」だなんて本末転倒だなって私は思うようになりました。それならば好きなことにお金を使いたい!もっと言えば、20代好きなことに時間を費やして生きたい!だって20代って一度きりなんだから!

いつか20代を振り返った時に貯金に時間とお金を費やすよりも「好きなことに努力して、好きなことにお金を使う」っていうほうが幸せな20代だったなって感じられる気がします。もちろん20代で結婚している人もいるし、なかなかお金を使うことができない人もいるかもしれないけれど、私はそんなこと気にしない。「お金がなくなったらどうするんだ!」なんて先のことはわからない。

未来を考えることにそんなに意味はなくて、数年前に誰がこんなスマートフォンが普及した世の中を想像できましたか?だから未来のことは未来になってから考えるようにしています。私はもっと20代を”好き”で埋め尽くしてそのために時間とお金を費やしたいなって思うようになりました。

その結果7月ぐらいにこのブログを立ち上げて、そしてツイッターでいろんな人に絡んでみて「とりあえず行動」してみたのです。(私の絡みがうざかった人ごめんなさい‥‥)

・人生は一度きり
・20代も一度きり
・私は20代を”貯金”と”好きでもない仕事”に費やしたくなかった

仕事を辞めるきっかけ

今年に入ってからいろんなことを思うようになって、特に「私の人生これでいいのかな」って感じるようになりました。それでもなーなーに仕事をこなしていた私の転機がきたのです。つまり、仕事を辞めようと思うきっかけがあったのです。

「夢を叶えたい」と思った出会い

私には1つ夢がありました。「千尋さんに会う」っていう夢です。千尋さんは旅する絵描きさんとして世界を旅されている素敵な人で、私が旅を好きになれたきっかけの人なのです。

今年の8月末にタイのバンコクに行きましたが、その時ちょうど千尋さんもバンコクにいらっしゃるということだったので早速行動!アポイントをとってみたらなんとお会いできることになりました!本当に嬉しかったです。。嬉しすぎて記事にもしちゃいました。

夢が叶った夢のような時間
私には憧れの人がいます。千尋さんです。 本当にさっきまで千尋さんと話していたんだろうか。うん、ちゃんと話したし気持ちも伝えたし確かのその時間はあったんだけれども、あまりにも短くてあっという間で本当に話したんだっけ?ってくらい短...

憧れの千尋さんとお会いして思ったとこはいっぱいありますが、中でも心から思ったことは

「私も旅をしながら生きてみた!好きなことで生きてみたい!一度きりの人生もっと楽しみたい!」

ってことです。それまでも思っていたことなのに、やっぱり憧れの人と会うとその思いは爆発してしまうものです。千尋さんにあったことがきっかけで自分の中の”好き”と向き合えることができました。それが1つ仕事を辞めようと思ったきっかけです。

(千尋さんと一緒に撮った写真▽)

ツイッターでの出会い

私は今年の7月ごろに本格的にツイッターというものに取り組んでみようと思うようになりました。いわゆるツイッター戦略で、いかにしてフォロワーを増やしていこうか!ブランド人になろうか!と意気揚々としていました。結果的にそれに疲れて、いまは自分の好きなことと夢に向かって突き進む時間とそれを応援してくれる仲間の皆さんを大切にしていこうと思っているので、少しお休みしています。(サボっているわけじゃないよ!)

そんなツイッターを見ていると「フリーランス」で活躍している人や、他にも「会社に属さなくたってこんな素敵な人生があるんだよ」って教えてくれる人たちがたくさんいました。これは私の中でとても衝撃的で、全く知らない世界への入り口だったのです。今までフリーで働くだなんて考えもしていませんでしたが、いざ会社をやめてこれから生きていけってなったら果たして私にはどんなスキルが残るのだろうと不安になったのも事実。というか会社勤めじゃなくてもいいんだよっていうのが単純に心を楽にしてくれた節はありました。

好きを仕事にできる時代だって気づいた

日本人って世界的に見ても「稼ぐ力」が乏しい国だってご存知ですか?例えば他の国ではパフォーマンスを路上でしてお金を稼いだり、小さい頃からお金について教育をしてお金との関わり方について教わったりしています。一方で日本はそんな経験あまりなのでお金との触れ合い方がイマイチ得意ではないと思うんです。

実際にお金は稼ぐものというよりかは「会社から給料としてもらうもの。だから仕事頑張ろう!」っていう感じだと思います。「実はそんなことないんだよ!あなたの時間はもっと有益で、自分にもっと価値をつけていいんだよ!しかもお金を稼ぐ方法なんていくらでもあるんだよ!」ってツイッターは教えてくれました。

他にも堀江貴文さんの本を読んでいると「好きなことで生きていける時代なんだからなんで嫌な仕事に消耗しているの?」というようなことが書いてあった、ツイッターで活躍している人を見ると本当にその通り。

好きなことを仕事にしている人がいっぱいいるんです!

もちろんマイノリティーかもしれません。でも努力する価値はあると思います。それでダメだったら?それはそのとき考えましょう。好きなことで生きていける時代がきたんだって気づいたのです。

▽仕事を辞めるきっかけ
・憧れの人、千尋さんに出会った。
・千尋さんと会って”夢を叶えたい”と思った

・フリーランスで働く人が楽しそうだった
・好きなことが仕事になる時代だって気づいた

「私、会社を辞めます」

私の中で仕事を辞めようと思うまでにそんなに時間はかかりませんでした。特に今年の8月末に千尋さんにお会いしてからは一直線!”好きなことで生きていきたい!”、”旅をしながら生きたい!”という思いが強すぎて行動力が鬼になりました。現役のデザイナーさんにアポを取ってタイから日本に帰ってそのままお会いしたり、デザインの勉強を始めたり、そして「仕事を辞めます」と言ったり。わずか1ヶ月以内に起こりました。

9月20日、私は上司に会社を辞めることを宣言しました。とっても理解力があるのか5分で話はまとまり、あとは部長や人事と話し合いです。そんな上司も一年前は私を鬱にさせたのに、今回はその飲み込みの早さに感謝しています。

私はうつになりまして。
こんにちは!けんぴです!(@kenpikun_trip)しれっとタイトルに載っていますが、そうです。私は以前うつになったことがあります。

会社を辞めるって決めたのはその日の朝です。もう言おう!って思いました。言わないと始まらないし、それに心を切り替えさせるためにもはっきりさせたかった。もちろん皆さんいろんな事情があって「会社を辞める」って言いづらいかもしれませんが、しっかり自身の気持ちを整理して見ることをお勧めします。だって、先延ばしにしても何もいいことはない。一度きりの20代、気持ち切り替えて次のステップに行かないともったいない!

私の夢

会社を辞めようと思ったきっかけはもちろんあります。けれどそれがあるのは私の中でしっかりとした「夢」があるからです。みなさんは夢を持っていますか?私は夢を持つことはとても大事だと思っています。夢があるとそれに向かってがんばろう!って活力になるんですよね。

旅をしながら生きてみたい

私は旅が大好きです。社会人になっても一人旅をするくらい大好きです。

そんな大好きな旅をしながら仕事ができたら最高だなって思いませんか?

もちろん仕事をおろそかにするわけではありませんが、そんな生き方がしたいなって思ったとこがあります。「だったら目指せばいいんじゃないかな?」そんな考えがいつしか本当に夢となっていました。”大好きな旅をしながら生きてみたい”それが私の夢です。

千尋さんにタイのバンコクでお会いしたときにそれは強く思いました。最終日の朝、タイ旅行で一番幸せな時間でした。そんな空間いいるのに私はこのあとすぐ空港に向かわなくちゃいけない!っていう状況がありました。これで旅をしながら生きている人ならもっといられるのに!って思ったのです。もうちょー悲しかった!!!!!!!!

夢が叶った夢のような時間
私には憧れの人がいます。千尋さんです。 本当にさっきまで千尋さんと話していたんだろうか。うん、ちゃんと話したし気持ちも伝えたし確かのその時間はあったんだけれども、あまりにも短くてあっという間で本当に話したんだっけ?ってくらい短...

デザイナーになりたい

そんな大好きな旅をしながらできる仕事ってなんだろうと本気で考えました。しかも会社を辞めるんだから次は自分の好きなことをしよう!そのために20代はがんばろう!と決めたのでいろいろ情報収拾した結果、デザイナーになりたいと思いました!

旅をしながら生きたいからデザイナーになるって聞くと、なんだがデザイナーが簡単みたいな表現に見えてしまいそうですが私はそこは切り離して考えています。本当に自分がしたくて向き合える仕事がデザイナーだったのです。


私の家系はモノづくり系の仕事が性に合うようで、大工系、手芸系、WEBデザイナー系といった職種に就いているのが私の家系です。私もその流れを組んでいるようで「何かを製作する」というのがとっても好きなのです!だからデザインの勉強をするってなると、とっても気持ちがワクワクするのが事実です。

そんなワクワクすることを仕事にしたいなって思いました。もちろん険しい道のりで甘くないよってことは教わりました。重々承知です。ですが「だからやらない」という理由にはならないので、敬意を持って尽力する所存です。

▽私の夢
・旅をしながら生きてみたい
・デザイナーになりたい

仕事探しはどうするの

そんな私の仕事探しはどうしているの?っといった声が聞こえてきそうなのでここで情報提供ですっ。

フリーランス?転職?

今のところどちらとも考えていますが、比重を置いているのは転職です。異業種、しかもデザイナーとなるとなかなか大変ですがそこは転職サイトなどをうまく活用して生きたいと思います。デザイナーを目指すので独学でデザインの勉強を始めつつ作品を作っていこうと思います。

使っている転職サイト

旅人採用というサイトに登録をしました!そこで私の担当についた方が気さくでとっても気の合う方でとても話しやすいエージェントさんです!旅人採用は「旅」と「仕事」をマッチングしてくれる就職サイトで、「旅が好き!」であったり「旅した経験を仕事に活かした!」というような人にはもってこいのサイトです。新卒から中途まで対応してくれるので、仕事を探している人は要チェックです。

https://kenpikun.com/2018/08/19/tabibitosaiyou/

会社を辞めると決まって思うこと

私は仕事を辞めるってなってよかったと思っています。

・気持ちの整理がつく

・退路をたつ

・目標に向かって尽力できる(するしかない)

・20代を自分の”好き”で生きられる

他にもよかったなって思うことはいっぱいありますが、何より「本当に自分がやりたいことに向かって人生の舵を切ることができた」ということが大きです。心では気持ちが乗っていないのに好きでもない仕事をするよりも、好きなことが仕事にできる時代なんだからそれを目指してもいいんじゃないでしょうか?私はそう思います。そこにはとっても努力が必要です。そんなの楽してできるわけがない。でも好きなことだったらなんだかできそうですよね。

もしもあなたが人生に少しでも迷っているのなら、自分の気持ちがトキメク方へ人生を進めてみてもいいのではないでしょうか。私は今、とっても幸せです。

未分類
スポンサーリンク
けんぴをフォローする
けんぴくん

コメント

  1. […] けんぴさんのブログ20代を”好き”で生きていく!好きを仕事にしていこう (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]